ベジママにはどんな特徴があるの?気になるメリットとデメリット

赤ちゃんとお母さんの健康を守るために、葉酸は欠かせない栄養素です。葉酸が効率よく摂れる葉酸サプリは、妊娠を望んだ妊活中から飲み始めることが理想的ですが、どの商品を選ぶといいのか迷いますよね。そこで今回は、葉酸サプリの中でも人気注目度の高い「ベジママ」の特徴とメリット・デメリットについてまとめてみました。サプリメント選びの参考になれば幸いです。

ベジママの特徴とは?

ベジママ(VEGE MAMA)とは、「関西鉄工株式会社」が製造・販売を手掛けている葉酸サプリです。なぜ鉄工会社が葉酸サプリを製造・販売しているのか疑問に感じるかもしれませんが、関西鉄工株式会社には鉄工以外の事業として、植物工場でアイスプラントの栽培を行っており、その技術の中から葉酸サプリが誕生しました。

ベジママの最大の特徴は、葉酸と一緒にピニトールという成分を摂ることができることです。アイスプラントには糖の代謝を高める作用があり、その中でもアイスプラントに含まれるピニトールという成分は、多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)症候群へ働きかけるというデータが見つかりました。

多嚢胞性卵巣症候群とは、毎月の排卵が正常に起こらなくなる、不妊症の代表的な病気です。多嚢胞性卵巣症候群の原因は、解明されていない部分もありますが、糖代謝異常や内分泌異常が主な原因とされています。

ベジママは1日4粒で、妊娠前から妊娠初期に必要な400ugの葉酸サプリを摂取することができ、不妊に悩む女性をサポートするサプリメントとして注目されています。

ベジママのメリットとは?

ベジママは、数々の妊活専門雑誌や情報サイトで紹介されている「妊娠したいけどなかなか難しい」という方を助けてくれる葉酸サプリといえます。そこでいくつか、ベジママのメリットをあげてみたいと思います。

不妊対策ができる

ベジママに含まれるピニトールという成分は、多嚢胞性卵巣症候群に効果があることから、不妊対策に期待ができる葉酸サプリといえます。ピニトール配合はベジママの最大の特徴であり、他の葉酸サプリにはない成分です。

着床力に関係する葉酸との相乗効果で、なかなか妊娠できないとお悩みの方にとって、ベジママは強い味方になってくれるのではないでしょうか。

安全性が高い

ベジママの原料になるアイスプラントは、自社の国内植物工場で衛生環境に配慮され農薬を使わずに栽培されています。さらに、GMP検査、放射能検査、残留農薬検査なども十分チェックされた製品ですので、安心して使用できるサプリメントといえます。

無期限の返金保障がある

ベジママには初回に限り毎月先着500名までの方に、無期限の返金保障を設けています。この返金保障は、購入後に商品が気に入らなかった場合、商品代金の全額と振込手数料を返金するというシステムです。

返金保障制度のある商品は他にもありますが、無期限で対応してくれるのは、非常にまれといえます。実際にベジママを飲んで判断できるというのは、大きなメリットといえます。

ベジママのデメリットって何?

ベジママは葉酸やピニトールの他にも、ビタミンやミネラルが豊富に含まれることで、妊活をサポートしてくれる注目のサプリメントといえます。しかし、実際に使用した口コミなどを見てみると、デメリットといえる面もあるようです。

独特の味や匂いがする

ベジママを飲んだ方の中には、薬草のような匂いや味が気になるという意見もあります。粒自体は飲みやすいサイズに作られていますが、味や匂いに敏感な方にとっては飲みくいと感じるかしれません。

値段が高い

ベジママは葉酸だけでなくピニトールという独自の成分なども含まれているためか、他の葉酸サプリと比べると、値段が高いという欠点もあります。定期コースを選んでも、初回は50%OFFの2,750円ですが、2回目以降は15%OFFの4,680円になります。

葉酸サプリは、妊娠前から始めて産後も卒乳するまで飲むことが理想的といわれますので、長期間使用することを考えると、デメリットといえます。

カルシウムと鉄が入っていない

ベジママは多くの葉酸サプリに配合されている、カルシウムと鉄分入っていないこともデメリットといえます。妊娠中は赤ちゃんに多くの栄養素を送るため、妊婦さんはカルシウムと鉄分が不足しがちです。

カルシウムの不足は骨や歯を弱くすることや、骨粗しょう症などの発症リスクを上げるなど、体調不良の原因になります。また、妊婦さんの多くが鉄分不足で貧血を起こしやすくなることはよく知られています。

ベジママの製造・販売会社としては、カルシウムや鉄分は通常の食事から摂取することができる栄養素なので配合していないとのことですが、物足りなさを感じるかもしれません。

ベジママのメリットとデメリットのまとめ

ベジママは、葉酸と一緒にピニトールという成分を摂ることで、不妊対策ができる注目の葉酸サプリです。多嚢胞性卵巣症候群は、排卵がスムーズにできない障害の中でもっとも患者数の多い病気といわれていますので、ピニトールの作用で改善できれば、妊娠にもよい効果が期待できます。

ベジママの味や匂いについては、薬草のような味が好きという方や、飲み慣れると気にならないという人もいますので、一概にデメリットということは難しいです。また、初回に限り安く購入できて返金保障を受けられることもありますので、まずはお試しになってみるとよいでしょう。