葉酸で胎盤早期剥離は防げるの?妊娠中も摂りたい葉酸の効果

赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸には、さまざまな健康効果が期待できます。その効果の一つに胎盤早期剥離の予防にも作用するということをご存じでしょうか?妊婦さんの体は安定期に入ると、ひとまず落ちつきますが油断は大敵です。

ここでは、妊娠中期以降に心配される、胎盤早期剥離の症状や原因などの基礎知識とともに、葉酸との関係について詳しく解説しています。

胎盤早期剥離とはどんな病気?

胎盤早期剥離とは、お腹の中の赤ちゃんに栄養と酸素を届けるための胎盤が、妊娠22~36週あたりの時期に子宮壁から剥がれてしまうことです。

胎盤早期剥離は、別名を常位胎盤早期剥離とも呼ばれており、通常は出産後に、自然と子宮から剥がれる胎盤が早期に外へ出てしまうため、母体と赤ちゃんの健康に大きな影響を及ぼす危険があります。胎盤早期剥離の発症率は約0.3~0.9%といわれています。

胎盤早期剥離の症状

胎盤早期剥離の症状は、胎盤の剥がれた位置や大きさによって違いはありますが、胎盤が剥がれたあとの子宮壁から出血することが特徴です。剥がれた面積が広い重症の胎盤早期剥離になると、急激な腹痛とともに大量出血が起こり、母体はショック状態と肝臓・腎臓などに臓器障害を引き起こします。

このときに見られる大量出血は、胎盤が剥がれた部分から侵入した物質の影響で血液が固まりにくくなる、DICと呼ばれる症状が原因の一つです。症状が重い胎盤早期剥離では、胎児と子宮の摘出が必要になり、最悪の場合は母体死亡が起こることもあります。

また、胎盤早期剥離で栄養と酸素が届かなくなった胎児への影響も大きく、30~50%の割合で子宮内胎児死亡になり、帝王切開で一命をとりとめても脳性麻痺が残る可能性もあります。

胎盤早期剥離の初期症状はどんなもの?

胎盤早期剥離の初期症状はほとんどなく、本人も気づかないことが多いです。進行してくると、下腹部に痛みと硬さを感じるようになり、茶色っぽい不正出血をともなうこともあります。しかし、はっきりした自覚症状が現れるころには、すでに重度の胎盤早期剥離になっている可能性が高いため、お腹の違和感に気づいたら早めに受診をすることが重要です。

胎盤早期剥離を招く6つの原因

胎盤早期剥離は、発生の予想をすることは難しく、急に胎盤の剥離が始まって進行します。そのため、完全に防ぐこと不可能ですが、発症リスクになる要因を抑えておくと、予防につながりなります。胎盤早期剥離の原因になり得る要因には、次のようなものがあります。

1. 妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、胎盤早期剥離のもっとも重要な原因といわれています。妊娠高血圧症候群とは、妊娠中期から後期にかけて、妊娠前にはなかった体の異常が起こる病気のことです。

代表的な症状には、高血圧、むくみ、タンパク尿、倦怠感などがあり、妊娠高血圧症候群による高血圧の症状が胎盤にダメージをあたえることで、胎盤早期剥離は引き起こされると考えられています。

参考:妊娠中に起こりやすい妊娠高血圧症候群の原因と赤ちゃんへの影響

2. 喫煙

喫煙はニコチンの作用で胎盤血管を収縮させて機能低下を招き、胎盤早期剥離のリスクを高めます。喫煙の習慣がある人とない人では、胎盤早期剥離の発症リスクは2倍上がるデータもあります。また、妊婦さんが喫煙をしなくても家族にタバコを吸う人がいれば、副流煙でニコチンの影響を受けることがあります。

参考:妊娠中にタバコを吸っても大丈夫?タバコが胎児にあたえる影響とは

3. 胎盤早期剥離になったことがある

過去の妊娠で胎盤早期剥離を経験したことのある方は、再発率が10%ほどあり通常よりも発症する確率は高くなります。

4. 胎児の奇形

胎児の奇形は、胎盤の形態異常をともなっていることが多いため、胎盤早期剥離のリスクを高めます。

参考:赤ちゃんが生まれる前に発生する先天性奇形の基礎知識

5. 前期破水

陣痛が起きていない段階で羊水が子宮外に流れ出る前期破水になると、破水による内圧の減少によって、胎盤の剥離を招くことがあります。

6. 外的刺激

転倒や事故などの強い衝撃が子宮に加わると、胎盤早期剥離を引き起こすことがあります。外的刺激による発症は全体の1~2%ほどといわれていますが、外傷後ある程度の時間が経過してから発症することもあるため、早期発見のためには必ず病院を受診することが重要です。

胎盤早期剥離と葉酸の関係

葉酸には、胎盤早期剥離の代表的な原因である、妊娠高血圧症候群を予防する効果が期待できます。葉酸がもつ、血液の流れを改善して血圧を下げる作用が、妊娠高血圧症候群の予防につながり、結果的に胎盤の異常を防いで胎盤早期剥離も予防できると考えられています。

参考:妊娠後期の妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を防ぐ葉酸の効果

カナダのマクギル大学やモントリオール子供病院研究所ヒト遺伝学部が行った、葉酸と胎盤早期剥離に関する研究結果でも、葉酸不足が胎盤早期剥離のリスクを高めるという結果が報告されています。このような経緯から、妊娠初期はもちろんのこと、妊娠中の葉酸摂取も厚生労働省は推奨しています。

胎盤早期剥離を防ぐためにできること

胎盤早期剥離のリスクを低減するためには、栄養バランスのとれた食生活を心がけ、喫煙は禁止するとともに、妊娠高血圧症候群の予防に努めることが重要です。胎盤早期剥離は、自覚症状が出たときには重症化をしている可能性がありますので、体の変化が気になるときや転倒などの衝撃を受けたときは、早めに病院を受診するようにしましょう。

妊活におすすめの葉酸サプリはこれ!

元気な赤ちゃんを産むためには、必要な栄養素をしっかりと摂る必要があります。ベルタ葉酸サプリは、妊活中の女性に必要な栄養素がたっぷり入っているので、葉酸サプリ選びで悩んでる場合は一度【ベルタ葉酸サプリ】をお試しください。

公式サイトはこちら

関連記事

知っておきたい正しい葉酸の摂り方と小児喘息の関係

妊娠後期の妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を防ぐ葉酸の効果

妊娠中に飲んでもいい飲み物と控えたい飲み物

天然葉酸とはどんなもの?天然葉酸の基礎知識と合成との違いとは

妊娠中のつわりはいつまで続くの?つわりの基礎知識と対策法

妊娠中にタバコを吸っても大丈夫?タバコが胎児にあたえる影響とは