赤ちゃんが欲しい時に活動する正しい妊活方法と妊娠の基礎知識

赤ちゃんが欲しいと活動することを妊活といいます。この妊活という言葉は、TVや雑誌で取り上げられることも多いですが、具体的には何をすればいいのか、意外と知られていませんよね。

そこで今回は、妊娠を希望する女性が実践したい、妊活の内容や妊活を始めるタイミングについて、詳しく解説します。妊活は、身近な生活習慣から始めていきましょう。

妊活とは?

妊活とは、体と妊娠の仕組みを正しく理解するとともに自分自身の体の状態を知り、妊娠するために体を整えたり、生活習慣を変えたりする活動のことです。妊活は、妊娠を望む女性だけでなく、パートナーも協力して参加する必要があります。

妊活が必要な理由

妊活が必要な理由は、日本人の平均的な結婚年齢の高まりとともに、女性の妊娠年齢が高くなっていることがあげられます。現在、5人に1人が35歳以上で第1子を出産する、高齢出産といわれます。

人間の体は平均寿命が伸びているものの、自然妊娠においては20歳代~35歳までが最適とされ、年齢を重ねるごとに妊娠をする確率は減ってきます。また、高齢出産には流産やダウン症などのリスクが高まるため、胎児や母体への影響も考えて、早めに妊活を始める女性が増えているようです。

自然妊娠を希望する女性にとって、妊娠と年齢の関係はとても重要です。近年は高齢出産の割合も増えていますが、35歳を過ぎると自然妊娠は難しくなること...

妊活はいつから始めるといいの?

妊活を始めるタイミングは、もちろん赤ちゃんを望んだときです。しかし、今すぐではなくても将来的に子供がほしいと考えている方でも、年齢による体の変化を理解して、妊娠を希望したときに、思い通りに妊娠ができるよう、早い時期から妊娠しやすい体を作る妊活は重要です。

妊活の基本は、妊娠しやすい体を作ることです。なかなか妊娠できないとお悩みの場合は、これまで積み重ねてきた生活習慣が影響して、妊娠しにくい体になっ...

妊活のために実践したいこと

妊活を始めようと決めたら、妊娠ができる体を作るために、どのようなことをすればいいのでしょうか。具体的に実践したいことは、次のような方法です。

1. 基礎体温を記録する

妊活の基本は、基礎体温を毎日測って記録をつけることです。基礎体温からは、排卵日や排卵が正しく行えているのか、体の状態と妊娠しやすいタイミングを知ることができます。

2. 体を冷やさない

妊娠しやすい体を作るためには、体を冷やさないことが大切です。体の冷えは血流障害を引き起こし、子宮や卵巣の働きを低下させて、ホルモンバランスの乱れを招きます。体の冷えを防ぐためには、エアコンの温度や服装に注意して、体を冷やす食事は避けるようにしましょう。

妊娠すると体の変化から、それまで冷え症と無縁だった女性でも、体が冷えやすくなります。冷えは万病の元と呼ばれるように、さまざまな体調不良を引き起こ...

3. 葉酸を摂取する

葉酸は、妊娠の予定日の1か月前から飲み始めたい栄養素です。葉酸は、体の基礎となる細胞分裂に重要な働きがあり、妊娠前から妊娠初期に摂取することで、赤ちゃんの先天異常のリスクを軽減する効果が期待できます。

葉酸は水溶性ビタミンの性質上、熱や水に弱いことから、妊活中は食品と葉酸サプリを組み合わせて摂取することが厚生労働省からも推奨されています。

葉酸は、妊娠前から意識して摂取することが理想的といわれます。葉酸の作用は、赤ちゃんの成長に大きな影響をあたえますが、具体的にはどのような働きがあ...

4. バランスの取れた食生活

栄養バランスが悪く偏った食生活は、女性ホルモンのバランスを崩すことにつながります。妊娠には健康な体が基本ですので、インスタントやファーストフードなどの食品は控えて、バランスの良い食生活に改善しましょう。

5. 適度な運動習慣

適度な運動習慣を始めることは、血行促進につながり体の冷えの改善やホルモンバランスを整えることができます。また、運動にはリフレッシュ効果があるため、ストレス解消もできますので、自律神経の安定にもつながります。

6. ストレスを溜めない

妊活中は、希望どおり妊娠ができないことで、不安やストレスを溜めてしまいがちです。ストレスは自律神経のバランスを乱し、女性ホルモンの分泌にも影響をあたえますので、日頃からストレスを溜めないように過ごすことも、大切な妊活の一つです。

7. 夜は十分な睡眠をとる

睡眠不足が続くと、女性ホルモンの量を管理している視床下部の機能が低下してしまいます。妊娠しやすい体を作るためには、女性ホルモンがバランスよく分泌され、排卵が行われることが大事ですので、夜はしっかり眠るようにしましょう。

8. 定期的に病院を受診する

子宮筋腫や子宮内膜症などが隠されている場合は、妊娠を難しくさせます。定期的に、産婦人科で健康診断を受けることは、体の不調や病気を防いで妊活をサポートします。

妊娠をしやすいタイミング

基礎体温や生活習慣の見直しで妊娠しやすい体作りをしたうえで、次に重要なことが性交のタイミングです。射精された精子は2~3日生き続けますが、卵子の寿命は約24時間ですので、妊娠をするためには排卵日の1~2日前から、数回にわたり性交を行いましょう。排卵日は、基礎体温や排卵検査薬を使って予測をすることができます。

妊娠しないときに考えられる理由

妊活で妊娠しやすい体を作り、排卵日に合わせて性交を行っても、妊娠が難しい場合は、排卵日の予測が合っていなかったり、生理不順で排卵が正しく行えていなかったりすることが考えれます。また、排卵障害など女性特有の病気や、無精子症など男性特有の病気が原因で、妊娠しにくいことも考えられます。

妊活を始めて、避妊をせずに性交を1年以上続けても妊娠しないときは、不妊症の可能性がありますので、専門のクリニックに相談をしてみましょう。

合わせて読みたい
昨今、子供が欲しくて妊活に励んでいる夫婦は多いです。妊活は女性が一人で行うのではなく、夫婦二人で協力しあって取り組むことが何よりも重要で...
妊活中の女性におすすめの葉酸サプリランキング!
makana(マカナ)
子供が欲しくて妊活をしている女性に大人気の指示いr津No.1の葉酸サプリは「makana-マカナ-」です。妊活専門の管理栄養士が作ったまさに子供を授かりたい人の為のサプリと言っていいです。女性に不足しガチな栄養素もたっぷり入っていますし、他のサプリでは見られない日本産マカ100%というのも安心できますね。「葉酸サプリはいっぱいありすぎて分からない」という人はまずは「makana-マカナ-」をお試しください。
容量 120粒(一か月分))
飲む時期 妊活前~出産後
評価
価格 13,160円3,980円(定期便)
13,160円→6,580円(単品)

makana(マカナ)の詳細はこちら公式サイトはこちらをクリック!

ベルタ葉酸サプリ


ベルタ葉酸サプリは妊活中の女性に大人気の葉酸サプリです。元気な赤ちゃんを授かるためには、妊娠前から葉酸をはじめとするビタミンやミネラルなど、女性が不足しやすい栄養素が必要不可欠です。ベルタ葉酸サプリはそんな不足しやすい成分がバランスよく配合されているので、元気な赤ちゃんを授かるためには必要なサプリメントになります。
容量 48.0g(400mg×120粒)
飲む時期 妊娠前~出産後
評価
価格 3,980円(定期便)
5,980円(単品)

ベルタ葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

ベジママ
ベジママは多くの雑誌でも話題になっている、マカ・葉酸サプリメントを超える新感覚の「ママ活サプリ」です。ママになりたい女性に向けて作られたサプリメントなので、ママ活(妊活)で悩んでいる女性にもってこいの葉酸サプリですね。葉酸サプリの中でも珍しい「全額返金保証」もついているので、安心して購入することができます。どうしても妊活サプリで失敗したくないという人はベジママをお試しください。
容量 120粒(一か月分)
飲む時期 妊活前~出産後
評価
価格 2,750円(定期一回目)
4,680円(二回目以降)

ベジママの詳細ページはこちら公式サイトはこちらをクリック

AFC葉酸サプリ(mitete)
葉酸サプリ
AFC葉酸サプリは口コミNO.1の葉酸サプリです。最近ではパッケージも新しくなって「mitete」という商品名になりました。AFC葉酸サプリは“妊娠を計画している女性”に根強い人気で、女性100人以上の声から生まれた、まさに、女性のために作られた妊活サプリメントです。商品も比較的安く、コストパフォーマンスが良いので、単品で購入するよりもまとめてセットで買うとさらにお買い得になります。
容量 350mg×120粒(一か月分)
飲む時期 妊活前~出産後
評価
価格 1,800円(単品)
4,800円(3個セット)10%OFF
8,400円(6個セット)20%OFF

AFC葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

関連記事

妊娠初期症状はいつから始まるの?兆候の見分けるポイントとは

葉酸は妊娠前から始めることが効果的!?妊娠に影響する葉酸の役割

赤ちゃんが生まれる前に発生する先天性奇形の基礎知識と予防方法

自然妊娠はいつまでできる?妊娠の確率と高齢出産のリスクについて

知っておきたい妊娠の確率と自然妊娠のためにできること

妊娠しやすい体になるために見直したい生活習慣とは