妊娠中に葉酸サプリを飲むときに注意したい副作用とデメリット

妊娠中から授乳期にかけて、葉酸を多く摂取することが理想といわれます。葉酸を安定して摂取する方法に葉酸サプリがありますが、サプリメントを飲むにあたって気になるのが副作用ですよね。

そこで今回は、葉酸サプリのデメリットや危険性についてまとめてみました。副作用を防ぐための対策法もご紹介していますので、合わせて参考にしてください。

葉酸サプリを飲むことで考えられる2つのデメリット

葉酸は、一般的には1日に240ug(マイクログラム)の摂取が望ましいとされますが、妊娠から授乳期は胎児の成長や母乳に影響をあたえるため、多くの葉酸が必要になります。特に体で葉酸が使われる妊娠初期には、食品と組み合わせて葉酸サプリを1日400ug摂取することが推奨されています。

しかし、手軽に飲めるサプリメントだからこそ、注意したい2つのデメリットもあります。

デメリット1. 葉酸の過剰摂取を起こすリスク

サプリメントは食事で摂るよりも手軽に葉酸を補給できるだけに、過剰摂取を招く危険があるといえます。葉酸は水溶性ビタミンですので、通常の食事から摂取できる葉酸は、多すぎても尿と一緒に体外へ排出するため、過剰摂取になることは考えにくいです。ただし、サプリメントの状態で大量摂取をすると、さまざまな体調不良を引き起こす可能性があります。

葉酸サプリの過剰摂取による副作用

葉酸サプリを過剰摂取した場合の、代表的な副作用は以下になります。

  • 食欲不振
  • むくみ
  • 吐き気
  • 不眠症

これらの症状の他にも、肌に現れる蕁麻疹(じんましん)、毛細血管の拡張からくる発赤(紅斑)、痒み、呼吸障害、亜鉛の吸収率を低下させるなどの、副作用が現れることもあります。また、子供への影響として、まれに喘息が発症する可能性があることも報告されています。

妊娠中に葉酸を摂取すると、小児喘息のリスクが高まるという話を耳にすることがありますが、実際はどうなのでしょうか?小児喘息は早ければ生後2~3か月...

過剰摂取の対策は上限を守ること

葉酸サプリの過剰摂取を避けるポイントは、1日の摂取量の上限を守ることです。葉酸の摂取量は、妊娠の有無に関わらず1日あたり1,000ugまでの上限が定められていますので、既定の量を守ることで副作用を防ぐことができます。

正しく葉酸サプリを飲むためには、外食などで1日分の葉酸サプリを飲み忘れたとしても、2日分をまとめて飲むことはやめましょう。

デメリット2. 葉酸サプリに含まれる他の成分でアレルギー反応

葉酸サプリを飲むデメリットには、アレルギー反応が出る可能性もあげられます。野菜や果物など、普段の食事から葉酸を摂取することに関しては、アレルギーの心配はほとんどありません。

ただし、葉酸サプリの場合は、サプリの形状に仕上げるうえで、葉酸の他にも大豆や乳成分など、アレルギーの原因になりうる成分が配合されている商品も多いため、体質によっては十分な注意が必要です。

葉酸サプリに含まれる成分に対して、アレルギー体質の方が摂取をすると、かゆみ、蕁麻疹(じんましん)、口や唇がしびれる口腔アレルギー症候群などの症状が現れることがあります。また、場合によっては意識障害などの重篤なアナフィラキシーショックに陥る可能性も考えられます。

サプリメントのアレルギー反応を防ぐ3つの対策法

葉酸サプリによるアレルギー反応を予防するためには、ご自身がどのような食品に対してアレルギーをもっているのか、わかっている場合は事前に主治医に相談してから摂取することをおすすめします。さらに、葉酸サプリを安心して使用するためには、次の3つを事前に確認しておきましょう。

1. 葉酸サプリに含まれる成分を確認する

アレルギー体質の方は、葉酸サプリに含まれる成分を事前に確かめることが重要です。食品衛生法関連法令では、小麦、卵、乳、エビ、カニ、そば、落花生などのアレルギーの原因になる可能性のある7品目は、必ず商品に表記するよう義務づけられています。葉酸サプリを服用する前には、必ず原料のチェックをしましょう。

2. 葉酸サプリに含まれる添加物を調べる

葉酸サプリに限らず全てのサプリメントには、原料がむらなく混ざるためや、粉を固めることを目的に、なんらかの添加剤が使用されています。代表的なものでは、セルロース、ゼラチン、グリセリン、プルランなどが使用されていますが、これらは錠剤やカプセルのサプリメントに仕上げるために、なくてはならない材料です。

錠剤のサプリメントには、粉を固めるために乳糖がよく使用されていますので、牛乳アレルギーや乳糖不耐症の方は、体調に影響をあたえる可能性があるため、事前にしっかり添加物を調べておくことが予防につながります。

お腹の中の赤ちゃんは、妊婦さんが口にしたものをへその緒を通して受け取っています。そのため、妊娠中の食事はいつも以上に注意をして選ぶ必要があります...

3. 販売元の企業に問い合わせる

葉酸サプリの中には、その他の加工原料などが詳しく表記されていないものや、表記されていてもわかりにくい商品があります。アレルギーの心配がある場合は、販売元の企業のHPからQ&Aページを確認したり、メールや電話でお客様問い合わせ窓口などに連絡を入れたりして原料の確かめておくと、安心して飲むことができるでしょう。

葉酸サプリのデメリットは過剰摂取とアレルギーのリスク

今回は、葉酸サプリのデメリットについてご紹介してきました。葉酸サプリは手軽に葉酸を摂取することができますが、それだけ過剰摂取を起こしやすいリスクもあるといえます。過剰摂取は、体調不良や子供の健康に影響をあたえることもありますが、1日分の規定量を守って摂取すれば、そのような心配の必要はありません。

葉酸は妊婦さんと赤ちゃんの健康には欠かせない栄養素です。そのため、妊娠初期は通常よりも多く摂取することが理想的といわれますが、過剰摂取になると体...

また、葉酸サプリには葉酸以外の成分も含まれていますので、アレルギー体質の方は原料を確認のうえ、安心して飲むようにしましょう。

昨今、葉酸を妊娠前から摂取した方がいいと言うのは、テレビや雑誌でも話題になっているので知っている人も多いと思います。ですが、なぜ必要なのか?どれ...
妊婦さんにおすすめの葉酸サプリランキング!
ベルタ葉酸サプリ


ベルタ葉酸サプリは数多くある葉酸サプリの中でも鉄分が多めに配合されています。妊娠中期から妊娠後期は、サプリから葉酸を240μg以上、鉄分を15.4mg以上の摂取が推薦されているので、ベルタ葉酸サプリなら一日3粒の摂取で補うことが可能です。鉄分が多めに配合されているサプリメントは意外と少ないので、毎日厚生労働省が推薦してる量を摂取したいならベルタ葉酸サプリがベストです。
容量 48.0g(400mg×120粒)
成分 葉酸400μg(4粒)・鉄分20mg(4粒)
評価
価格 3,980円(定期便)
5,980円(単品)

ベルタ葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

Lara Republic(ララリパブリック)
Lara Republic(ララリパブリック)は、ベルタ葉酸サプリに比べると鉄分の量は少ないですが、香料、着色料、保存料無添加なので、身体の健康のために作られた葉酸サプリです。葉酸も厚生労働省が推薦してるモノグルタミン酸型なので、今大人気の葉酸サプリです。
容量 350mg×120粒(一か月分)
成分 モノグルタミン酸型葉酸400μg(4粒)・鉄分10mg(4粒)
評価
価格 2,980円(定期)
3,980円(単品)

公式サイトはこちらをクリック!

AFC葉酸サプリ(mitete)
葉酸サプリ
AFC葉酸サプリは口コミNO.1の葉酸サプリです。葉酸も厚生労働省が推薦してるモノグルタミン酸型で、鉄分も鉄分10mgと葉酸サプリの中では多く配合されています。商品も比較的安く、コストパフォーマンスが良いので、単品で購入するよりもまとめてセットで買うとさらにお買い得になります。
容量 350mg×120粒(一か月分)
成分 モノグルタミン酸型400μg(4粒)・鉄分10mg(4粒)
評価
価格 1,800円(単品)
4,800円(3個セット)10%OFF
8,400円(6個セット)20%OFF

AFC葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

関連記事

妊娠初期は気をつけたい流産を予防するための取り組み

葉酸で胎盤早期剥離は防げるの?妊娠中も摂りたい葉酸の効果

妊娠中はDHAの摂取が必要?胎児の脳を発達させるDHAの効果

知っておきたい正しい葉酸の摂り方と小児喘息の関係

妊娠中に摂取したほうがいいビタミンと控えたいビタミン

妊娠中に注意したい発達障害の自閉症のリスクを下げるポイントは葉酸にあり?