妊娠中のつわりはいつまで続くの?つわりの基礎知識と対策法

妊娠すると多くの妊婦さんがつわりを経験します。つわりの症状は個人差があり、軽い症状から日常生活に影響をおよぼすほどの重い症状までさまざまです。ここでは、つわりが起こる時期や症状などの基礎知識を詳しく解説します。つわりのピークを迎えたときの対策法についてもご紹介していますので、ぜひチェックしてください。

つわりとはどんなもの?

つわりとは妊婦さんの半数以上が経験するといわれる、妊娠初期の不快症状のことです。つわりの症状は、吐き気や嘔吐が起こる「吐きつわり」、においに敏感に反応する「においつわり」、常になにかを口にしていないと気持ち悪い「食べつわり」など、人によって違うことが特徴です。

つわりがなぜ起こるのか、はっきりした原因は解明されていません。しかし、妊娠初期に症状が現れることから、妊娠すると急激に分泌量が増えるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)や、妊娠を維持するために増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)などのホルモンが影響していると考えられています。

ただし、つわりの不快症状が現れない人もいることから、ホルモン作用以外の要因もあるのではないかといわれています。

つわりはいつからいつまで続くの?

つわりの時期は、早い人だと妊娠4~5週あたりから始まるといわれます。そして、妊娠週数が進むにつれて、症状の悪化を経験する人が多いです。つわりの期間は、食事を思うように食べられず、日常生活に影響が出ることもありますが、妊娠8~11週頃になると少しずつ吐き気などは落ち着き、ほとんどが妊娠16週(妊娠5か月)の安定期に入ると終わるといわれます。

妊娠後期につわりを経験する人もいる

安定期に入りつわりがおさまっても、妊娠後期につわりのような症状が起こる「後期つわり」もあります。後期つわりの原因は、大きくなった子宮が胃や腸など周辺の臓器を圧迫して体調不良を引き起こします。

後期つわりは、妊娠初期のような吐き気などは出ませんが、食欲不振、胃痛、胸やけ、便秘、下痢などの症状が現れることが特徴です。

つわりがない人もいる

つわりは妊婦さんの半数以上が経験するといわれています。しかし、その反対に不快症状をまったく経験しない妊婦さんもいれば、気にならないほどの軽症だったいう人もいることが特徴です。また、つわりは初産婦ほど症状が重くなりやすいといわれており、同じ妊婦さんでも2人目からはつわりがなかったという方もいます。

つわりがひどい時期の5つの対策法

つわりは妊娠週数が進むにつれて症状が重くなることから、ピーク時には起き上がることがつらく、寝込んでしまう妊婦さんも中にはいます。身体的・精神的にストレスがかかるつわりですが、病院を受診しても点滴を打って一時的に症状を改善するだけで、薬が処方されることはほとんどありません。

普段の生活ではなんとか耐えて、安定期に入り症状がおさまるまで乗りきることになります。つわりがひどい時期は、次のようなことに注意して対策をとるようにしましょう。

1. 水分補給はしっかり摂る

つわりのピーク時は、水も飲めないという妊婦さんがいます。しかし、体が脱水症状を起こしてしまうと、つわりの症状が病的なまでに重症化する妊娠悪阻(にんしんおそ)と呼ばれる状態になる可能性があるため注意が必要です。

つわりがひどくても水分補給はしっかり行い、水を飲むことがつらいときは、氷をなめるなどして対応しましょう。

2. 苦手な匂いは避ける

つわりで匂いに敏感になっている場合は、とにかく苦手な匂いを遠ざけることが重要です。食べ物の場合は、温かいものを冷ますことで匂いが気にならなくなることもあります。また、外出中はマスクを着用すると、苦手な匂いを防ぐことに役立ちます。

3. 一度に食べる量を減らす

食べた後に吐いてしまう場合は、一度に食べる量を少なくすることがポイントです。小さなおむすびを用意しておいて、少しずつ食べることもおすすめです。このとき、吐き気を起こしやすい、油分の多い食品は控えるようにしましょう。

4. 口に入れやすい食べ物を用意する

空腹になると吐き気が起こる場合は、いつでもすぐ口に入れられる食べ物を用意しておくことをおすすめします。朝になると気分が悪いというときは、寝る前や朝の起床時にクッキーなどをお腹に入れることで症状が軽くなることもあります。

また、普段からガムやアメなどを持ち歩くようにしておくと、家事や仕事、移動中などに空腹が原因の体調不良を防ぐことに役立ちます。

5. 無理せず食べたいときに食べる

つわりの時期は、朝昼晩の食事を無理に食べる必要はありません。大切なことは食べたいと思ったときに、食べれるものを口にすることです。さっぱりした柑橘系の果物や、のどごしのいいゼリーなどを用意しておいて、少しずつ食べるようにしましょう。

妊娠中のつわりは周囲に理解してもらうことも大切

妊娠中のつわりの大変さは、パートナーをはじめとする周囲の人には理解してもらえないことも多いです。特に職場へ妊娠の報告をしていない場合は、だらけていると勘違いされることもあります。

しかし、精神的なストレスは、つわりを悪化させかねませんので、無理をせず周りの人に協力してもらうことが重要です。つわりは時期がくれば必ず終わります。できるだけ前向きな気持ちで乗り超えましょう。

妊活におすすめの葉酸サプリはこれ!

元気な赤ちゃんを産むためには、必要な栄養素をしっかりと摂る必要があります。ベルタ葉酸サプリは、妊活中の女性に必要な栄養素がたっぷり入っているので、葉酸サプリ選びで悩んでる場合は一度【ベルタ葉酸サプリ】をお試しください。

公式サイトはこちら

関連記事

妊婦さんと赤ちゃんに注目の栄養素、葉酸とはいったいなに?

葉酸の過剰摂取が妊婦さんにあたえる影響と副作用

妊娠初期に多く摂りたい葉酸の効果と正しい摂取量

妊娠中に起こりやすい妊娠高血圧症候群の原因と赤ちゃんへの影響

妊婦さんが葉酸サプリを飲む期間はいつまで?葉酸の役割と摂取期間

妊娠中にタバコを吸っても大丈夫?タバコが胎児にあたえる影響とは