男性の妊活はなにをするの?妊娠の確率を上げるための5つの習慣

妊活というと、女性の取り組みと思われることが多いですが、約半分の割合で不妊の原因は男性にあるため、男性も無関係ではありません。しかし、男性の妊活とはどういうものなのか具体的な方法がわからないという方も多いと思います。

そこで今回は、妊娠の確率を上げるために実践したい男性の妊活方法について詳しくご紹介します。

不妊の原因は約半数が男性にある

妊活とは妊娠について学び、妊娠しやすい体を作ったり、妊娠確率を上げるために基礎体温を測ったりして、生活習慣を見直す活動のことをいいます。この妊活は、一般的には、女性が中心になって行うため、男性の中には妊活に積極的ではない方もいるようです。

しかし、世界保健機関(WHO)が発表したデータでは、不妊の約半数は男性に原因があるということがわかりました。男性による不妊は、精子の質(運動率の低さ)、精子の数が少ない、奇形率が高いなどが代表的な原因としてあげられます。その他には無精子症、乏精子症、精子無力症など男性特有の病気が隠されていることもあります。

男性が妊活のために実践したい5つの習慣

女性の場合は、妊活で行う基礎体温の測定などから、自分の体質を知るきっかけは多いです。しかし、男性の場合は不妊の原因を自覚することが難しく、特に健康で体力に自信がある男性ほど自分はなにもしなくて大丈夫と思いがちです。

ただし、体力や精力があっても精子の数が少ないことや質が悪いことはあるため、妊活はパートナーとそろって始めることが重要になります。性交で射精される精子は、3か月かけて精巣の中で作り出されたものですので、男性の妊活は女性よりも早く始めることが大切です。

男性の妊活では、次のような取り組みで健康な精子を育てましょう。

1. 喫煙やアルコールを控える

男性の妊活で最初に始めたいことは、禁煙とアルコールの飲み過ぎを控えることです。喫煙と大量の飲酒は、活性酸素を増やして精子の質を低下させてしまいます。活性酸素は、細菌などの異物を排除するために必要な物質ではありますが、増え過ぎると健康な細胞を攻撃してしまうため、体の老化の原因にもなります。

タバコやアルコールを控えることは、精巣の環境を整えて健康な精子を育てることにつながります。

2. 夜はしっかり睡眠をとる

精子の質を上げるためには、生活リズムを整えて夜は十分な睡眠をとることが重要です。睡眠不足は、ホルモンバランスを管理する脳の機能低下を招いて、精子の質の低下につながります。さらに、睡眠不足は交感神経が活発な状態が続くため、ストレスが活性酸素を増やして精子にダメージをあたえてしまいます。

3. 抗酸化作用のる成分を摂取する

呼吸で体内にとり入れた酸素の約2割は、活性酸素に変化するといわれます。特別なことをしなくても活性酸素は作られるため、日頃から活性酸素を除去する作用のある成分を摂取することも精子の健康を守るために重要です。

抗酸化作用のある、ビタミンC、ポリフェノール、ビタミンEなどの成分は、男性の生殖機能を高める働きが期待できるので積極的に摂りましょう。

4. アルギニンと亜鉛を摂取する

健康な精子を作るためには、男性ホルモンの分泌に役立つ、「アルギニン」と、精子の数や運動率に影響する「亜鉛」を摂取することもポイントです。男性の不妊の原因である、精子の運動率の低さや数の少なさなどは、男性ホルモンのテストステロンが影響していると考えられています。

これらの栄養素を含む牡蠣、うなぎ、山芋などの食品は、男性の妊活をサポートするといわれています。

5. 葉酸を摂取する

葉酸は赤ちゃんと妊婦さんに必要な栄養素として知られていますが、男性の妊活に欠かせない成分でもあります。精子と卵子が受精しても着床できない不妊の原因は、ほとんどが染色体異常によるものといわれており、染色体の異常は精子や卵子が作られる過程で発生することがあります。

葉酸はDNAの情報を正しく伝えて細胞分裂がスムーズに行えるように働きかけることから、男性が葉酸を摂取すると染色体異常のリスクを低減することが期待できます。さらに、胎児の先天奇形の一種である神経管閉鎖障害は、男性の葉酸不足が原因ともいわれています。

男性の妊活では、1日に食事から240ugと葉酸サプリ240ugの摂取を、妊娠予定の3か月前から始めることが推奨されています。

男性の妊活もパートナーとの協力が大事

妊活は男女ともに協力して行うことが大事です。生活習慣を見直して健康な精子を育てる取り組みを続けたら、排卵日に合わせて性交を行うタイミング法を試すことになります。タイミング法は、排卵日の2~3日前から数回の性交を繰り返すことで妊娠の確率を高くすることができます。

しかし、生活習慣を見直して1年以上にわたりタイミング法による性交を続けても妊娠しない場合は、男性では無精子症、乏精子症、精子無力症、女性では排卵障害、子宮着床障害、卵管障害などの可能性も考えられます。これらの病気は専門のクリニックで治療を受ける必要がありますので、パートナーと話し合い受診を検討しましょう。

妊活は1人で行うものではなく、パートナーのとの協力が大切です。いずれ子供が欲しいとお考えの方も早めに取り組むことで、妊娠しやすい体を作ることができます。将来のために身近なことから妊活を始めてみませんか?

妊活におすすめの葉酸サプリはこれ!

元気な赤ちゃんを産むためには、必要な栄養素をしっかりと摂る必要があります。ベルタ葉酸サプリは、妊活中の女性に必要な栄養素がたっぷり入っているので、葉酸サプリ選びで悩んでる場合は一度【ベルタ葉酸サプリ】をお試しください。

公式サイトはこちら

関連記事

女性だけじゃない!男性にもおすすめの葉酸サプリの効果