妊娠中に起こりやすい妊娠高血圧症候群の原因と赤ちゃんへの影響

妊娠中に気をつけたい病気の一つに、妊娠高血圧症候群があります。この病気は妊婦さんの20人に1人が発症するといわれますが、初期の段階では自覚症状が少なく、症状が悪化すると赤ちゃんや母体に悪影響をおよぼすことがあるため、以前から注意を呼びかけられてきました。

ここでは、妊娠高血圧症候群の原因と赤ちゃんへの影響について詳しく解説します。発症リスクを低くするための対策法もご紹介していますので、併せて参考にしてください。

妊娠高血圧症候群とはどんな病気?

妊娠高血圧症候群とは、妊娠前は高血圧ではなかった方が、妊娠中期以降になんらかの原因で高血圧になることをいいます。以前は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、医学研究が進むにつれて妊娠中毒症の原因は、高血圧が中心になっていることがわかり、2005年より妊娠高血圧症候群という病名が使われるようになりました。

日本産婦人科学会では、妊娠による偶発的合併症ではなく、妊娠20週以降~分娩後12週までの期間に、高血圧が見られたり、高血圧にタンパク尿がともなったりする症状があることを妊娠高血圧症候群と定義しています。妊娠高血圧症候群は妊婦さんの20人に1人の割合で起こるといわれています。

妊娠高血圧症候群の症状

妊娠高血圧症候群の主な症状は、高血圧、むくみ、倦怠感、頭痛、めまいなどです。また、妊娠時期が経過するにつれ高血圧が進行すると、蛋白尿が出ることもあります。さらに、妊娠高血圧症候群が悪化した場合は、吐き気、頭痛、胃痛、子癇(しかん)と呼ばれるけいれんなどの症状が現れるようになり母体への負担も大きくなります。

重症化が進んだ場合は、分娩前に胎盤がはがれてしまう常位胎盤早期剥離を起こして、母子ともに命の危険をおよぼすことや、脳出血、肝機能障害、腎機能障害などの合併症を起こす危険もあります。

妊娠高血圧症候群の分類

妊娠高血圧症候群は、以下の数値で軽症と重症を分類しています。

軽症

収縮期血圧140mmHg以上160mmHg未満、拡張期血圧90mmHg以上110mmHg未満のどちらかに該当。蛋白尿300mg/日以上~2,000mg/日未満。

重症

収縮期血圧160mmHg以上、拡張期血圧110mmHg以上のどちらかに該当。蛋白尿2,000mg/日以上。

妊娠高血圧症候群の赤ちゃんへの影響

妊娠高血圧症候群は母体だけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響をあたえます。症状の一つである蛋白尿が増えた場合、母体の蛋白が減り続けて低蛋白血症を起こし、赤ちゃんへ送る栄養も不足してしまいます。

また、妊娠高血圧症候群の悪化は胎盤の働きを低下させてしまうため、赤ちゃんへ栄養と酸素をスムーズに届けることができず、発育が悪くなる子宮内胎児発達遅延を招きます。

さらに、へその緒の血流が止まったり逆流したりするなど不安定になりやすいことや、常位胎盤早期剥離を起こして、赤ちゃんの命の危険につながることもあるため注意が必要です。

妊娠高血圧症候群の原因

妊娠高血圧症候群の原因については、明確になっていないことが多いです。しかし、妊娠高血圧症候群の危険因子として、以下の特徴に該当する人は発症リスクが高いといわれています。

  • 15歳以下、35歳以上の女性
  • 初産の女性
  • BMI25以上の肥満症
  • 双子など多胎妊娠
  • 以前の出産時に妊娠高血圧症候群を経験している
  • 高血圧、糖尿病、甲状腺機能障害の持病がある

妊娠高血圧症候群は、妊娠中の急激な体重増加もリスクを高めますので、上記にあてはまらない場合でも予防対策をとることが重要です。

妊娠高血圧症候群の治療法

妊娠高血圧症候群は、初期段階では自覚症状がほとんどないため、病院の検査で病気が発見されることが多いです。妊娠高血圧症候群の診断が下された場合、軽症では体重管理と塩分制限による治療が行われますが、重症化の場合は高血圧を改善するために降圧剤を使った薬物療法を行います。

妊娠高血圧症候群の治療は安静に過ごすことが基本ですので、症状によっては入院をする必要もあります。また、これらの治療を続けても症状の改善が見られず重症と判断された場合は、赤ちゃんと母体の命に関わってくるため、早い段階でも緊急帝王切開手術を実施するケースもあります。

妊娠高血圧症候群を予防するためにできること

妊娠高血圧症候群は原因が明かになっていない部分があるため、はっきりした予防法も確立していません。しかし、以下のような対策をとることでリスクを低減することもできます。

食事管理

妊娠中の食事は、医師や保健師などと相談しながら栄養管理と体重管理を行うことが重要です。妊娠高血圧症候群と診断された場合は、1日の塩分を7~8g程度に控えることが大切ですが、極端に減塩すると症状を悪化させる可能性もあるため、必ず専門家の指示を受けるようにしましょう。

定期検診を受診する

妊娠高血圧症候群は初期の自覚症状が少ないため、気づいたときには症状が進行していることが多いです。重症化を防ぐためには早期発見が重要ですので、定期検診をしっかり受けて体調管理を行うことが妊娠高血圧症候群の予防につながります。

血圧をセルフチェックする

日頃から血圧をセルフチェックすることも、妊娠高血圧症候群の早期発見に効果的です。ただし、高血圧だからといって自己判断で水分を控えるなどの対応をしてしまうと、血栓症のリスクを高める危険があります。あくまでセルフチェックにとどめて、高血圧に気づいたら必ず主治医に相談しましょう。

妊娠高血圧症候群を完全に防ぐことは難しいですが、定期検診をしっかり受けて、食生活に気を配ることが予防につながります。専門家の指導のもと、リスクを減らすように取り組みましょう。

妊娠高血圧症候群の予防には食生活をはじめとする生活習慣の見直しが大切ですが、葉酸も予防に役立つため、妊婦さんにか欠かせない栄養素です。
参考:妊娠後期の妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を防ぐ葉酸の効果
妊婦さんにおすすめの葉酸サプリランキング!
ベルタ葉酸サプリ


ベルタ葉酸サプリは数多くある葉酸サプリの中でも鉄分が多めに配合されています。妊娠中期から妊娠後期は、サプリから葉酸を240μg以上、鉄分を15.4mg以上の摂取が推薦されているので、ベルタ葉酸サプリなら一日3粒の摂取で補うことが可能です。鉄分が多めに配合されているサプリメントは意外と少ないので、毎日厚生労働省が推薦してる量を摂取したいならベルタ葉酸サプリがベストです。
容量 48.0g(400mg×120粒)
成分 葉酸400μg(4粒)・鉄分20mg(4粒)
評価
価格 3,980円(定期便)
5,980円(単品)

ベルタ葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

Lara Republic(ララリパブリック)
Lara Republic(ララリパブリック)は、ベルタ葉酸サプリに比べると鉄分の量は少ないですが、香料、着色料、保存料無添加なので、身体の健康のために作られた葉酸サプリです。葉酸も厚生労働省が推薦してるモノグルタミン酸型なので、今大人気の葉酸サプリです。
容量 350mg×120粒(一か月分)
成分 モノグルタミン酸型葉酸400μg(4粒)・鉄分10mg(4粒)
評価
価格 2,980円(定期)
3,980円(単品)

公式サイトはこちらをクリック!

AFC葉酸サプリ(mitete)
葉酸サプリ
AFC葉酸サプリは口コミNO.1の葉酸サプリです。葉酸も厚生労働省が推薦してるモノグルタミン酸型で、鉄分も鉄分10mgと葉酸サプリの中では多く配合されています。商品も比較的安く、コストパフォーマンスが良いので、単品で購入するよりもまとめてセットで買うとさらにお買い得になります。
容量 350mg×120粒(一か月分)
成分 モノグルタミン酸型400μg(4粒)・鉄分10mg(4粒)
評価
価格 1,800円(単品)
4,800円(3個セット)10%OFF
8,400円(6個セット)20%OFF

AFC葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

関連記事

妊娠初期は気をつけたい流産を予防するための取り組み

妊娠中に注意したい発達障害の自閉症のリスクを下げるポイントは葉酸にあり?

妊娠中のつわりはいつまで続くの?つわりの基礎知識と対策法

妊娠中はDHAの摂取が必要?胎児の脳を発達させるDHAの効果

妊婦さんが葉酸サプリを飲む期間はいつまで?葉酸の役割と摂取期間

葉酸で胎盤早期剥離は防げるの?妊娠中も摂りたい葉酸の効果