購入前にチェックしたい!葉酸サプリに含まれる成分

妊婦さんに不足しがちな葉酸は、サプリメントを使って摂取することが大切です。しかし、葉酸サプリはたくさんあって、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。葉酸サプリを選ぶポイントはいくつかありますが、サプリに含まれる成分で選ぶ方法もあります。

そこで今回は、葉酸サプリに使用される代表的な成分について、詳しく解説します。ぜひ、葉酸サプリを選ぶときの参考にしてくださいね。

葉酸とはどんな栄養素?

葉酸とは、別名ビタミンB9という水溶性ビタミンの一種です。一般的に知られている葉酸という呼び名は、ほうれん草の葉から発見されたことに由来しています。このように、葉酸は野菜や果物などに含まれる栄養であり、食事から摂取することのできる成分でもあります。

葉酸は補酵素として、体を構成する胞細の分裂やDNAの合成を助けたり、赤血球を作りだしたりする役割があります。また、タンパク質の合成にも深く関わっていることから、葉酸は体に欠かすことができない栄養素といえます。

葉酸サプリの特徴

葉酸サプリとは、効率的に葉酸を摂取できるように作られた栄養補助食品です。葉酸の1日の摂取量は、一般的に男女とも240ugが推奨されています。これは、バランスのとれた食生活を送っていれば、通常は不足することがないといわれる量です。

ただし、妊婦さんの場合は赤ちゃんの成長にも葉酸が欠かせないため、通常より多くの葉酸が必要になります。食事から摂る葉酸は水溶性ビタミンの性質から、熱に弱く体への吸収率は約50%です。

葉酸は、食事に含まれたポリグルタミン酸型葉酸から体内でモノグルタミン酸型葉酸に変換して吸収されることから、葉酸サプリのほとんどは最初からモノグルタミン酸型葉酸として製造しています。これにより、サプリメントから吸収できる葉酸の量は、約85%まで高くなりました。

サプリ選びでチェックしたい妊婦さんに欠かせない5つの成分

葉酸サプリは通販やドラッグストアなどで多くの商品が販売されています。数ある葉酸サプリの中から自分に合った商品を選ぶためには、葉酸サプリに含まれる成分を判断基準にすることもポイントです。ここでは、葉酸サプリに使用される代表的な成分についてご紹介します。

1.葉酸

葉酸サプリには、もちろん葉酸が含まれています。葉酸は赤ちゃんが成長する過程の細胞分裂やDNAの情報伝達に作用するため、妊娠を意識したときから産後の卒乳まで、通常よりも多くの量が必要になります。

特に妊娠前から妊娠初期に葉酸を摂取することは、神経管閉鎖障害など先天異常の予防につながるとして、1日に食事240ug+葉酸サプリ400ugを組み合わせて摂取することが厚生労働省から推奨されています。

参考:葉酸で発症リスクが低減できる神経管閉鎖障害とはどんな病気?

また、妊娠中期から後期は、葉酸が不足することで発症する巨赤芽球性貧血や、妊娠高血圧症候群を予防するために、1日に食事から240ug+葉酸サプリ240ugを摂ることが目安になります。さらに、産後の授乳期は、お母さんの栄養不足を防ぐために食事から240ug+葉酸サプリ100ugの摂取が理想的です。

葉酸サプリは妊娠前から出産後まで飲むことがすすめられていることから、葉酸サプリを選ぶときは量が調整しやすい形状を選ぶこともポイントです。

2.ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球を作る働きがある栄養素です。そのため、ビタミンB12と葉酸が不足すると、巨赤芽球性貧血の原因になることから、どちらも一緒に摂取することが不可欠です。葉酸サプリを選ぶときは、妊娠中に必要な1日2.8μgのビタミンB12を一緒に摂れることもポイントになります。

3.鉄

妊娠中は赤ちゃんに多くの栄養を送ることから、鉄分が不足してヘモグロビンが生成できず、妊婦さんは鉄欠乏性貧血を発症しやすいです。ヘモグロビンには血液に乗せて酸素を運ぶ役割があるため、鉄欠乏性貧血を発症した場合、めまい、動悸、だるさ、などの体調不良が現れることや、お腹の中の赤ちゃんも同様に酸素が行き届かず発育に影響がでることがあります。

妊娠初期は1日13mg、妊娠中期から後期は1日28mgの鉄分摂取が目安になります。貧血の心配がある場合は、鉄分が含まれている葉酸サプリを選ぶとよいでしょう。

参考:妊娠すると貧血になりやすい!?知っておくべき貧血の対策法

4.カルシウム

カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を形成するために、妊娠中は積極的に摂りたい必栄養素です。カルシウムが不足した場合、母体の骨などに含まれるカルシウムを赤ちゃんに送るため、妊婦さんは歯が弱くなったり、骨密度が低下したりして骨粗しょう症を発症する可能性もでてきます。

妊娠中は1日650mgのカルシウムを摂ることが理想的です。カルシウムは食事から摂取することもできますが、不足しがちな場合はサプリメントで補うことも大切です。

5.ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする働きがあり、骨、皮膚、血管を強くする役割がある栄養素です。また、ビタミンCには妊娠中に不足しがちな鉄分の吸収を助ける作用もあることから、鉄分と一緒に摂ることで貧血の予防にもつながります。妊娠中は1日に110mgのビタミンCが必要とされます。

葉酸サプリを購入する前に成分の確認を

葉酸サプリを選ぶ際には、サプリメントにどんな成分が含まれているのか確認して選ぶことがポイントです。ただし、サプリメントに含まれる栄養素に頼り過ぎて、食事が偏ることはいけません。

また、妊娠中に必要な栄養素も摂り過ぎると体調不良の原因になるため、1日の摂取量を守り上手にサプリメントを活用しましょう。自分に合ったサプリに出会うヒントになれば幸いです。

妊婦さんにおすすめの葉酸サプリランキング!
ベルタ葉酸サプリ


ベルタ葉酸サプリは数多くある葉酸サプリの中でも鉄分が多めに配合されています。妊娠中期から妊娠後期は、サプリから葉酸を240μg以上、鉄分を15.4mg以上の摂取が推薦されているので、ベルタ葉酸サプリなら一日3粒の摂取で補うことが可能です。鉄分が多めに配合されているサプリメントは意外と少ないので、毎日厚生労働省が推薦してる量を摂取したいならベルタ葉酸サプリがベストです。
容量 48.0g(400mg×120粒)
成分 葉酸400μg(4粒)・鉄分20mg(4粒)
評価
価格 3,980円(定期便)
5,980円(単品)

ベルタ葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

Lara Republic(ララリパブリック)
Lara Republic(ララリパブリック)は、ベルタ葉酸サプリに比べると鉄分の量は少ないですが、香料、着色料、保存料無添加なので、身体の健康のために作られた葉酸サプリです。葉酸も厚生労働省が推薦してるモノグルタミン酸型なので、今大人気の葉酸サプリです。
容量 350mg×120粒(一か月分)
成分 モノグルタミン酸型葉酸400μg(4粒)・鉄分10mg(4粒)
評価
価格 2,980円(定期)
3,980円(単品)

公式サイトはこちらをクリック!

AFC葉酸サプリ(mitete)
葉酸サプリ
AFC葉酸サプリは口コミNO.1の葉酸サプリです。葉酸も厚生労働省が推薦してるモノグルタミン酸型で、鉄分も鉄分10mgと葉酸サプリの中では多く配合されています。商品も比較的安く、コストパフォーマンスが良いので、単品で購入するよりもまとめてセットで買うとさらにお買い得になります。
容量 350mg×120粒(一か月分)
成分 モノグルタミン酸型400μg(4粒)・鉄分10mg(4粒)
評価
価格 1,800円(単品)
4,800円(3個セット)10%OFF
8,400円(6個セット)20%OFF

AFC葉酸サプリの詳細ページ公式サイトはこちらをクリック

関連記事

関連記事がありません。