妊娠しやすい体になるために見直したい生活習慣とは

妊活の基本は、妊娠しやすい体を作ることです。なかなか妊娠できないとお悩みの場合は、これまで積み重ねてきた生活習慣が影響して、妊娠しにくい体になっている可能性もあります。

この記事では、妊娠しやすい体を作るために始めたい生活習慣についてまとめてみました。赤ちゃんが欲しいと願う方はもちろんのこと、いずれ妊娠したいとお考えの方も参考にしてください。

妊娠しやすい体とはどんなもの?

妊娠しやすい体とは、卵巣と子宮が正しく機能して女性ホルモンの分泌がスムーズにできている体のことをいいます。近年は妊活という言葉が雑誌やTVなどで取り上げられることも多くなり、妊娠を希望する女性の間では妊娠しやすい体作りが注目されています。

なぜ妊活が必要かというと、女性の体はもともと妊娠できる機能を備えていますが、さまざまな影響で卵巣や子宮の働きが低下したり、女性ホルモンの分泌が正しく分泌されなかったりして、妊娠しにくい体になることがあるからです。

妊娠しやすい体と年齢の関係

妊娠しやすい体は年齢と深い関係があります。自然妊娠において最適な年齢は、20歳代~35歳までといわれており、年齢を重ねるごとに卵巣の機能が弱くなるため妊娠する確率は低下していきます。

しかし、現在の日本は平均的な結婚年齢が高くなったことに比例して、女性の妊娠年齢も高まり、第1子を35歳以上で出産する高齢出産は5人に1人といわれています。そのため、いざ妊娠をしたいと望んだときのためにも、早めに妊娠しやすい体作りを始めることが重要になります。

参考:自然妊娠はいつまでできる?妊娠の確率と高齢出産のリスクについて

妊娠しやすい体を作る生活習慣

妊娠しやすい体を作るためには、生活習慣を見直して体質を変えることが大切です。自然妊娠ができるようにするためには、次のような改善法を実践して妊娠しやすい体を取り戻すようにしましょう。

1. 体を冷やさない

体の冷えは血管を収縮させて血流障害を起こし、子宮や卵巣が正しく機能できなくなったり、ホルモンバランスが乱れたりする原因になります。女性は筋肉量が少なく皮下脂肪が多いため、もともと体が冷えやすい体質といえますので、普段から服装で体温の調整を行い、体を冷やす食べ物は控えるようにしましょう。

2. 食生活を見直す

女性ホルモンが正しく分泌するためには、栄養バランスのとれた食生活が基本です。偏った食事、食べ過ぎ、極端なダイエットなどは、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。妊娠しやすい体のためには、野菜を中心にタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をしっかり摂りましょう。

3. 夜は十分な睡眠をとる

睡眠不足が続くと、女性ホルモンの分泌量をコントロールする、脳の視床下部が機能低下を起こしてホルモンバランスが崩れてしまいます。妊娠するためには、女性ホルモンが正しく分泌されて排卵が起こることが基本ですので、日頃から規則正しい生活を送るように心がけて、夜はしっかり眠るようにしましょう。

4. ストレスを溜めない

ストレスは自律神経のバランスを崩して血流障害を起こすことや、女性ホルモンの分泌に影響をあたえて妊娠しにくい体にしてしまいます。妊活中は、なかなか妊娠できないことにもストレスを感じてしまいますが、ストレスは悪循環を招きます。妊娠のためには、無理をせずストレスを溜めないことが大切です。

5. 軽い運動をとり入れる

ウォーキングなどの軽い運動は、筋力を高めて血行促進をすることから、ホルモンバランスの乱れを整えて妊娠しやすい体作りに効果的です。さらに、軽い運動は神経伝達物質のセロトニンを増やす作用もあるため、ストレス解消の効果も期待できます。

6. タバコの煙を避ける

妊娠しやすい体作りにおいては、喫煙は百害あって一利なしのため、絶対に避けたい習慣です。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させて血流障害を起こし、ホルモンバランスや卵巣と子宮の機能低下にも影響をあたえます。

また、自分がタバコを吸わなくてもパートナーに喫煙の習慣がある場合は、受動喫煙の影響を受けるため、妊娠の確率を高めるためには家族全体で禁煙に取り組むことをおすすめします。

参考:妊娠中にタバコを吸っても大丈夫?タバコが胎児にあたえる影響とは

7. アルコールを控える

妊活中のアルコールの飲み過ぎは、血行不良などを起こして妊娠しづらくさせます。また、飲酒による妊娠への影響は、年齢が高くなるほど現れるというデータもあるため注意が必要です。適度な飲酒は問題ないともいわれますが、飲酒の習慣は妊娠に気づかず赤ちゃんの発育に影響をあたえることもあるため、できるだけ控えておくことがおすすめです。

参考:妊娠中のアルコール摂取で注意したい胎児性アルコール症候群とは

妊娠しやすい体作りと合わせて始めたいタイミング法

妊娠を望んだら、早めに妊娠しやすい体作りを始めることが大切ですが、それと同時に排卵日を予測するタイミング法を実践することが自然妊娠につながります。そのためには、基礎体温の測定や排卵検査薬を使って排卵日のタイミングを知る習慣を始めるようにしましょう。

ただし、生活習慣の見直しで妊娠しやすい体作りを行い、排卵日のタイミングで性交をしてもなかなか妊娠ができないときは、産婦人科を受診して原因を知ることも大切なことです。妊活は女性だけでなくパートナーと協力しながら取り組んでいきましょう。

参考:知っておきたい妊娠の確率と自然妊娠のためにできること

関連記事

高齢出産は何歳から?出産におけるリスクと注意点

赤ちゃんが欲しい時に活動する正しい妊活方法と妊娠の基礎知識

赤ちゃんが生まれる前に発生する先天性奇形の基礎知識と予防方法

妊活に効果的!?妊娠しやすい体を作るための漢方薬7選

妊娠初期症状はいつから始まるの?兆候の見分けるポイントとは

自然妊娠はいつまでできる?妊娠の確率と高齢出産のリスクについて